バリ式マッサージ「クリームバス」の体験談

私がバリ式マッサージで、感銘を受けた施術は、バリの二大エステといわれる「クリームバス」というマッサージでした。クリームバスとは、ヘッドスパなどに用いられる頭皮をメインにしたマッサージをいいます。頭皮を中心に首や肩などを重点的にマッサージしていきます。クリームバスは、バリ島のあるインドネシアにおいて古くから行われているマッサージの技術の1つです。
まずは、美容室で髪を洗うようにシャンプーをします。カウンセリングで頭皮や髪の状態を調べた上で、その日の髪の状態に会わせたオイルとクリームを頭皮につけてマッサージをします。私の場合、頭がかなりこっていたようで、マッサージの最中に痛みを感じました。頭皮のマッサージで、毛穴につまっていた汚れが奥からとれた感じがしました。血行がよくなり、以前からの悩みの種だった目の疲れや肩こりなどがスッキリとれました。また、首筋や肩も重点的にマッサージすることで肩に荷物がのっている感じがかなり楽になっていきました。頭皮をマッサージすることで肌つやもよくなったように感じました。日頃からあまりケアに気を遣わない頭や頭皮のマッサージは、たまにするとからだの調子がよくなることを実感しました。

ホームに戻る

肩こりが悪化してマッサージを受けに

私は、元々猫背や冷え性などで肩こりがありました。自分でマッサージをして、ほぐすのにも手も疲れて限界だったので、近くのマッサージ店に行ってみました。ショッピングモールの中にあるので、買い物ついでに行けて気軽さがあったからです。実際にマッサージをして頂いて、スタッフの方が気さくで自分の要望に快く応じてくれて、リラックスして肩をほぐして頂くことができました。終わった後の肩の軽さと頭のスッキリさがすごく感じられて良かったです。それから、月に一度は通うようになりました。そこのお店は、何より女性スタッフが多く無料で気に入ったスタッフを指名できるので、安心して通うことができます。男性スタッフは、抵抗ある方も行きやすいお店で良かったです。顔なじみになると、自分の凝りの癖なども理解してくれて何度も説明が要らないので、気持ちが楽です。マッサージ店によっては、指名料が必要な場合があったり、費用が高かったりして通いづらい場合もあるのでそういった点に考慮されたお店でした。お店のある位置も、ひと目を考慮して端にあったりするのでひと目を気にする人にも気軽に来れるようにあると思いました。私自身、マッサージ店に通うのは初めてのお店でしたが、また来たいと思わせるようなアットホームなお店に出会えて良かったです。これからも通い続けたいと思っております。

ホームに戻る

マッサージで頭痛が軽減しました。

パソコン作業が多い仕事なので、ずっと同じ姿勢でいることで血行が悪くなり肩こりがしょっちゅう起こります。ただでさえ頭痛が起こるのに、画面を見続けて目を酷使する仕事なので、そのせいで余計に頭痛が酷くなるのです。時々頭痛が酷く吐き気で寝込むことがあるので、それを防ぐ為に定期的にマッサージに行っています。
マッサージではまず電気で凝っている箇所をほぐしていきます。私の場合は特に肩から背中までが一番凝っているので、そこに集中的に電気を流してもらうのです。大きな吸盤を背中にぺたぺたと貼り付けて、電気を流していきます。びりびりびりびりと細かい振動が皮膚から筋肉に伝わって、あぁ効いているなと実感します。10分くらい電気治療の後にマッサージです。
肩から背中にかけてじっくりほぐしてもらい、特に肩を集中的にやってもらいます。首は細くて力を入れてマッサージされるとかえって調子が悪くなるので、首はゆるめにお願いしてやってもらっています。10分くらいほぐしてもらうと本当にすっきりして、頭痛が起こらなくて済んでいます。少しお金はかかるのですが、激しい頭痛と吐き気で起き上がれないよりはずっとましなので、これからも定期的に通おうと思っています。

ホームに戻る

夢見心地のマッサージ

会社の忘年会で温泉宿へ1泊しました。館内にはマッサージルームがあり、予約しておけばマッサージを受けれると聞いていたので同僚と受けることになりました。全身だと料金はお高いけれど、足だけだと出せない金額ではなかったので「フットマッサージ」をお願いしました。マッサージを受けるのは初体験だったので、ワクワクドキドキでした。温泉で体の温まった状態で、いざ マッサージルームに向かいました。良い匂いのアロマオイルを塗られマッサージの開始です。同僚とは隣同士で施術を受けました。リンパの流れを良くしながら、老廃物を流し血流をよくするのだそうです。セルライトたっぷりの大根足をマッサージされる事は、少々恥ずかしく、施術してくれる方に申し訳ない気持ちもありましたが、ほっそりスッキリするのではという期待のほうが上回りました。「足もこっているんだなぁ~とっても気持ちがいい」痛からず、くすぐったくもなく、さすがプロの技ですね。なんだか、セレブになった気分で うっとりしていました。温泉で体もポカポカ、気持ちの良いフットマッサージとアロマの良い香りのせいで、ウトウト眠たくなりました。初めてもマッサージ体験は、とてもよい思い出になりました。

ホームに戻る

乱れまくった自律神経を正常化

マッサージを受けたら、自律神経失調症の症状が緩和しました。病院で処方された薬が合わなかった私は、もしもマッサージを受けないまま今日まで生活をしていた場合を想像すると、ぞっとしてしまいます。
貧血のような状態に激しい動機、これらは朝起きてから夜寝るまで悩んでいた症状のうちのほんの一部です。他にも多くの症状があって、内科で診断されたのは自律神経失調症というものでした。聞いたことはあったのですが、まさかここまで辛いものだとは思いませんでした。四六時中吐き気がしますし、処方された薬は体質に合わずに服用するのが嫌になってしまいます。このままでは命にかかわるのではないかと思ったので、あらゆる方法を試すことになりました。
軽い運動や食事療法を実践しましたが、自律神経は乱れたままです。仕事が手に付かないほどにまで症状が悪化した私は、気分転換にマッサージを受けに行きました。気持ちが沈んできたので、体をほぐしてもらってリフレッシュを図ろうと思ったからです。
結果として、マッサージを受けると自律神経が正常に戻っていきました。顔の筋肉を重点的にマッサージしてもらったら、全身の強張りが解消していくような感じを受けたのです。

ホームに戻る

保険適用のマッサージ

ある時父が、「首が痛い」と言いました。診てもらったところ、ストレートネックでした。ストレートネックとは、その名のとおり首がまっすぐになってしまうことを言います。本来、人間の首はゆるくカーブしているのですが、これがまっすぐになってしまうと、さまざまな痛みが出てきます。
私も経験があるのですが、これ、本当につらいです。首も背中も頭も痛いし、ひどくなると吐き気までしてきます。幸い父は、その後週一回マッサージに通うことで改善はしてきているようです。症状が軽くなるのはうれしいことですが、通うとなると、また新たな問題が出てきます。そう、お金の問題です。この場合はつらい症状を和らげるために行うので、治療になるのですが、保険は残念ながら適用外です。治療であるにもかかわらず、なぜ保険適用外なのか。
それは、マッサージは「治療」であると共に、「癒し」の要素も兼ね備えているからです。よく温泉などで、マッサージしてもらえる場所、ありますよね。あれ、最高にきもちいいですよね。でも、あの温泉で受けられる最高のひと時も、今回父が受けたものも、同じ「マッサージ」というものになるのです。これってあんまりだと思います。言葉は同じだけれど、目的が全然違いますよね。同じような悩みを抱えている方のためにも、きちんと区別して、医療行為のマッサージは保険適用にしてほしいものです。

ホームに戻る